カテゴリー
旗の台の家

大谷石の外壁

11年前に設計した旗の台の家のメンテナンス。
先日からエアコンの交換や一部の外壁塗装などの相談を受けている。
今日はリフォーム部分の元・質屋さんの蔵について。
リフォームした時点で相当年月の経っていた蔵。
その蔵の解体について解体業者さんと打合せを行った。
質屋を営業していたときに預かった品物を補完する倉庫として使っていた建物。
大谷石の外壁は時代を経た趣があるものの、風化が激しくなってきたので安全を考慮しての決断。
まずは解体の金額を出してもらうところから。
大谷石の補修も方法がありそうなので合わせて少々調べてみる予定。

写真の片流れの住宅は以前設計した旗の台の家、手前はリフォーム棟。
風化が激しくなってきてポロポロと石が落ちている箇所が広がりつつある。