DSC_0079 (2)-square.jpg
space fabricは東京都中央区で活動する建築設計事務所(建築家:東信洋)です。
RC造、木造SE構法を中心としたシンプルで心地よく広がりのある空間を設計しています。


葛飾の家

木造二階建ての住宅です。
設計初期の打合せで建主さんがご自分たちで作った間取りスケッチをご用意されており、
そのスケッチを手掛かりに個々の空間が緩やかにつながっている家というイメージから設計をスタートしました。 
中庭を中心に配置したコの字型の平面とすることで、
プライバシーを確保しながら中庭やトップライトを通じて光と風を取り入れています。
各部屋の間に吹抜け、中庭、ブリッジが配置されることで
空間と視線が「上下・左右・内外」につながる空間となっています。

関連ブログ
基本設計